30万円が平均融資限度額となるプロミス、返済を考えても借り入れ金額は抑えよう

個人によって融資限度額には違いがあるものの、プロミスでは平均して初回融資限度額は30万円ほどとなっている傾向にあります。
希望する金額が数千円だったとしても30万円が利用限度額に設定されることによって気持ちに余裕が出てしまうことがあります。
消費者金融 評判が高い理由の一つともいえるでしょう。

 

しかし返済を考えると借り入れ金額には慎重にならなくてはなりません。

 

よく聞く失敗談ではありますが、必要以上の金額を借りてしまったことによって返済が困難になってしまうことがあります。
融資限度額は最大限利用しても良いとして決められている枠であり、もちろん全額を借り入れたとしても構わない金額です。

 

この金額なら貸すことができるとして許されている金額であることは間違いありません。
それでも自由に使えば自由に使った分の返済が待っていることは忘れることはできません。

 

必要最低限というのはどのような金額になるかもう少し細かく説明しましょう。
例えば家賃が50、000円だったとしましょう。

 

手元にあるのが35、000円、それであれば15、000円を借り入れをすれば家賃の支払いが可能になります。
そこで20、000円を借りてしまえばそれは必要最低限ではないこととなります。

 

さらに家賃の満額となる50、000円を借り入れてしまえばそれこそ必要最低限ではありません。
15、000円が必要なのであれば15、000円を借り入れる、それが必要最低限の借り入れ金額になります。

 

千円単位での借り入れができますので余分に借りることなく必ず借り入れ金額はしっかりと考えて利用しましょう。

契約番号が書かれているプロミスの明細書、専用atmを使うと発行される便利なもの

借り入れや返済には自分にとって便利な方法を選択しているでしょう。
しかし時にはプロミスatmを使ってみてください。
契約番号が記載されている詳細な利用明細書が発行されます。

 

プロミスatmはどこにでもあるわけではなく自動契約機の中に併設されていますのでその店舗に足を踏み入れるには抵抗があるという方もいるでしょう。
コンビニ返済や提携atmを使った返済、インターネットからの返済であれば自分がプロミスを利用していることは周囲に知られる心配はありませんのでその点でもよく使われる利用方法になります。
ところがプロミスatmで発行される利用明細書はプロミスatm専用のもの。
プロミスが用意している利用手数料無料の自社atmになりますのでそこには何らかのメリットがあるものであり、それが明細書となります。

 

明細書がそれほどのメリットになるのかといえばそうではないと考えるかもしれません。
ところが、利用をどのようにしているのかを把握するためにはご覧になった方が安心でしょう。

 

特に見てもらいたいのは返済額と利息、元金の項目です。
これは返済時の明細書に記載されている項目です。

 

毎月の返済額の割になかなか返済が進まないと感じたことはないでしょうか。
それは返済額だけを考えていたからかもしれません。

 

返済額の中には元金に充当される金額だけではなく利息に充当される金額もあります。
利息が先に決まっていますのでそのあまりの金額が元金に充当されることとなります。

余裕があればプロミスに全額返済をしていこう

例えば10万円の借り入れがあったとして、その金額を5、000円ずつ返済をしていくとどうなるでしょうか。
プロミスの金利は上限が17.8%になりますのでそこから考えてみましょう。
毎月の返済額は5、000円であれば用意できない金額ではなさそうです。

 

返済終了までには期間が24か月、つまり24回も返済を続けていくこととなります。
10万円を5、000円ずつであれば単純計算で20回で完済するのではないかと考えたいところですが、そこには利息が加わりますのでその分回数が伸びることとなります。
5、000円を支払いその金額がそのまま元金に充当されるわけではないということです。

 

10万円借入をして5、000円ずつ返済をしていくと完済までに支払う金額は全部で119、490円です。
つまり2万円近くを利息として支払っていることとなります。
支払う利息だけではなく返済に関わる期間も長くなりますので毎月の生活の中でキャッシングの返済という項目が24回もあることとなります。

 

もし、返済をしていくときに余裕があれば、もしくは少々の無理をすることができるのであれば全額返済も考えていきましょう。
初めから全額返済をする必要はありません。

 

もちろんそれができれば利息はかけなくても済みますのでそれに越したことはありませんが、実際には難しいものです。
返済を続けているうちに残りの返済回数が4回となったときでも7回となったときでも構いません。

 

これくらいの残り金額であれば一回で支払いができるとなれば思い切って完済をしてみましょう。